秀建株式会社

工場内の機械入替えの為の天井・壁改修工事(断熱パネル改修工事)②~福岡県

今回は解体工事についてお話していきます。
天井・壁の撤去工事の着手前に設備工事において機器の撤去や各種の配線、配管などを天井内で撤去、移設、盛替えなどを行います。最終的に機器を設置する配置に合わせて配線、配管工事を撤去をしていきます。設備工事が1日で終わるように事前に現場調査してパネル図や配管図などで確認していくことが大切です。
設備工事が終われば解体工事へ移行します。
撤去工事は天井、壁のパネルと軽鉄下地材にボードとステンレス板が貼られている間仕切り壁、スチール建具や塗床などがあります。
壁体内結露が問題とされている軽鉄下地材は思ったより発錆があり、建具も腐食していました。
解体材の搬出は飛散する恐れがあるので残材を養生しながら指定の搬出ルートで小運搬をします。
また撤去する際、現場内で残材を鉄くずやボード、コンクリートガラを分別して小運搬することが大切です。

パネル壁の撤去状況です。

軽鉄間仕切壁撤去状況です。

次回はパネルの組立工事についてお話していきます。

一覧に戻る