秀建株式会社

住宅塗装
<外壁塗装・屋根塗装・修繕工事>

医療施設をはじめとした高い品質基準を求められる工事を行う
秀建だから出来る住宅塗装・修繕工事があります。

私達は法人施設の改修工事で培ったノウハウと職人のネットワークを活かして、高い品質の住宅塗装・外壁修繕工事を提供します。

建物の構造・仕様やお客様のご要望などにより、適した職人の選定や工事を行います。

私達のパートナーである職人は、単なる職人ではありません。当社だけでなく、大手のゼネコン会社など、様々な建物の改修工事を厳しい品質管理の元で日々行っている、選りすぐりの職人ばかりです。

代表 溝田が過去のゼネコン会社勤務経験を活かし、このような住宅塗装工事をご提供することが可能になりました。

医療施設をはじめとした高い品質基準を求められる工事を行う秀建だから出来る住宅塗装・修繕工事があります。

外壁塗装をして気分を変えてみませんか?
医療、福祉施設などをはじめとした高い品質基準を求められる工事を行う
秀建だから出来る住宅塗装・修繕工事をご提案!

汚れの原因は建物外部からの付着物、壁面に使用した素材自体の劣化、壁面や躯体の内部からの影響に分けられます。建物の壁面に経年の汚れが付着するのは、ある程度やむを得ません。

最新の塗料にはお客様の高度な要望に応える高機能タイプがあります。
また立地条件や目的に応じて適材適所で活用し、美観維持や長寿命化に役にたちます。

美観性の維持では低汚染塗料の活用の検討を進めます。また耐久性を重視する場合は、メーカーによって違いがありますが、高いものから無機系塗料、フッ素樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、アクリル樹脂塗料の順番になります。高耐久塗料の施工単価は高くなりますが、塗替回数を少なくすることができます。

外壁の美観や耐久性を長期間保持する為には、汚れがつきにくい高耐久・低汚染の塗料を導入することが大切です。

遮熱塗装は太陽光の近赤外線領域の光線を特殊遮熱顔料により反射させて、躯体の温度上昇を抑えます。夏季の日射熱に躯体温度の上昇を抑えて冷房負荷を低減しますが、断熱性はないので暖房時には発泡ウレタンなどの断熱材の施工が必要です。

外壁塗装をして気分を変えてみませんか?

秀建はシーリングの工事品質にこだわります。

住宅塗装工事における
秀建の6つのポイント

鉄筋コンクリート造住宅の外壁補修・塗装・防水工事もお任せください。

鉄筋コンクリート造住宅の外壁補修・塗装・防水工事もお任せください。

建物の「化粧」である外装仕上げ材の役割は、意匠性向上と躯体の劣化防止になります。
鉄筋コンクリート造では、下地のコンクリートにひび割れが発生することはやむを得ません。

新築時のコンクリート品質管理や誘発目地を設けたり、ひび割れ防止用の鉄筋を入れたりすることが大切ですが、改修する際は弾性系塗料でひび割れをカバーすることで、劣化や漏水のリスクは一段と少なくなります。施工単価が高くなることと、意匠性の問題もあるのでお客様との相談が大切です。

また、鉄筋コンクリート造では多くの水分が含まれており、数年かけて少しずつ外部に放出されます。その際は防水性と透湿性を兼ねた塗料の選定も必要です。
屋上やベランダの防水の耐用年数は15年程度になります。 漏水すると内部の仕上材や家具も影響したりします。

また、住宅では屋上に登れない、メンテナンスをしていない、などの話をよく聞かれます。
防水工事をする際は足場を架けることもあるので外壁改修と合せて防水改修も合わせて検討することをお勧めします。

住宅塗装工事の流れ